読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cAMP(サイクリックAMP)

 

アデニル酸シクラーゼ

働き

ホルモン感受性リパーゼ増やす→脂肪酸の分解
(カフェインはcAMPの働きあげる)

肥満細胞のヒスタミン遊離抑制

平滑筋の弛緩作用
(cAMPが血管を拡張させようとする)

肝臓でのグリコーゲン分解促進

インスリン分泌促進

cAMPは、グルカゴン、アドレナリン、テオフィリンなどで活性化