ヒビスタ日記(医学生)

複雑なことも単純に考えられるように、ブログ始めました。医学生として感じたこと、勉強したことを綴らせていただきます。

サイトカイン

 

インターロイキン(IL)

* 白血球が分泌する.
ケモカイン

* 白血球の遊走を制御する.
インターフェロン(IFN)

* 異物が侵入した際に分泌される.抗ウイルス作用が主.
造血因子 (CSF)

* 血液細胞・免疫細胞の増殖・分化を支持する.
* G-CSF, M-CSF, エリスロポエチン
細胞増殖因子

* EGF, FGF, TGFなど
細胞壊死因子 (TNF)

* 細胞死を誘導
* TNF-α, TNF-β
効果による分類:

炎症を誘導 (樹状細胞・マクロファージが分泌)

* TNF-α
* IL-1
* IL-6
* IL-12
* IFN-γ
炎症を抑制

IL-4

IL-10

IL-13

* いずれもTh1細胞の分化を抑制
白血球の分化・増殖 (ヘルパーT細胞が分泌)

IL-2

* T細胞の増殖
IL-4

* Th2細胞の分化
貪食細胞の活性化 (ヘルパーT細胞が分泌)

IFN-γ

* マクロファージの活性化
IL-5

* 好酸球の活性化
ヘルパーT細胞の分化に対する効果:

Th1

* IL-12によって分化しIL-2, IFN-γ, TNF-αなどを分泌
* CTL(細胞傷害性T細胞)やNK細胞による細胞性免疫を活性化
* 細胞内寄生細菌やウイルスに感染した細胞の処分
Th2

* IL-4によって分化しIL-4, IL-6, IL-5, IL-13などを分泌
* B細胞による液性免疫を活性化
* 寄生虫や細胞外の細菌を排除
Th17

* TGF-βとIL-6の2つによって分化しIL-17, IL-2, IL-6, TNF-αなどを分泌
* 炎症を誘導する.
Treg (制御性T細胞)

* TGF-βによって分化しIL-10, TGF-βなどを分泌
* 免疫反応を抑制する.

*免疫を誘導=炎症性