読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工心肺装置による肺へのダメージについて

 

手術などによって人工心肺装置を装着した場合には、肺へのダメージが懸念される。

 

これは、人工心肺を使用することによって血液が人工心肺装置のチューブを走るため、ストレスがかかり、これによって好中球が活性化するため。

好中球が活性化することによってサイトカインの放出が生じたりすることにより、肺血管壁を傷害し、ARDS状態となり肺高血圧へと進行する。